PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ATS-MA7でAudioファイルを使おう【着メロ作成ツール】

Twitterで質問を貰ったのでまとめたよ(・A・)ノ

ただ単に言葉での説明が難しかっただけだよ´∀)w


そんなニッチな記事は【Read more】から^^


さて、ATS-MA7の使い方、、、
2012年になってまだATSに関する質問を受けるとは思ってなかったなぁw

◇そもそもATS-MA7とはなんぞや
着メロに関係無い人にも分かるように説明すると、作成したMIDIを取り込んで
音色作成・音色指定・パンニング・エフェクト処理を施した後にSMAF(着メロ)
形式での書き出しが行えるオーサリングツール、ですわ

YAMAHAさんが無料で配布しておりますな´∀)

ATS「MA」7とか言われてもわかんねーよ、って意見もごもっともですので、、、

・MA7=128和音
・MA5=40和音
・MA3=16和音

、、、を作成できるツールって言いかえれば分かりやすいかなw


cubaseを使い始めて3年弱くらいなので、だいたい同じくらいの期間をこいつ
とは過ごしてきたんだなぁ(シミジミ…

ちなみに「着メロwwwww」と侮るなかれ、この程度の事は出来るんだぜ?



さて、本題、Twitterで質問を受けたワケですが、その内容が

Twitter質問

、、、というもの、、、ニッチだw

んで、ここでの論点は

・Voiceデータを12KB以上登録するとRAMサイズオーバーエラーとなる
・悠姫さんこと俺は1ファイル40KB近い効果音を使っている
・どないやねんゴルァ(# ゜ д ゜)

こんなとこw

これはWAVファイルの使い方の問題で

しらんさんが言う「Voiceデータ」はWAVファイルを音色データとして変換して
MIDIノートをトリガーとして発音する音源

俺が使っている「効果音」はWAVファイルを直接発音させるストリームPCM
(以下StPCM)
そもそもの使い方が違うワケですな´∀)

でわでわストリームPCMの使い方を画像と共に説明するでー(´∀`)



①これがATS-MA7の基本画面
1ホーム


②Audioタブに切り替えて、AudioID1を右クリック→New
2Audioタブ


③使用するWAV音源を選択
3WAV選択
※ATSで使用するWAVのビットレートは16bit以下でないと読み込めず、また、
 サンプリングレートも8000~11025Hz程度じゃないと重くなりすぎます
 同様の理由でチャンネルもモノラルが良いですな


④WAVがAudioリストに読み込まれるので、Contentsウィンドウのスクロール
 させた所にあるAudio1トラックのStPCMを配置したい場所にマウスカーソル
 を合わせて右クリック→Add Note Event
4WAV指定


⑤そうするとAudio1トラックにStPCMが配置され、MixerのAudio1がアクティブ
 になります、これでおk
5貼り付け完了


⑥後は同様の手順でStPCMを追加・配置し、配置したStPCMをダブルクリック
 すると出るウィンドウでVelocityを適宜調整して下され´∀)
6調整

1つ注意して欲しいのが、StPCMは同時発音が合計16bitまでなので、2つ
同時に鳴らさなければならない場合はWAVを8bitで作成する必要があります

なので⑥の画像だとAudio1と2が共に16bitWAVで干渉しているのでエラーに
なりますなw



そんなこんなー

StPCMは一度取り込んでしまえば、どれだけ配置しても容量が増える事が無い
ので、使い方によっては高音質かつ容量削減が狙えたりもします

例えばスネアとキックをStPCMで打ち込んでるクリエーター仲間もいたなぁ
くっそ面倒臭いけどねw


取り敢えず、こんな所で今回はどうでしょう?
良い作品作りの手助けになったらこれ幸い´∀)

でわでわ~


ゆ゙っ(ゆ|w|)ノ
スポンサーサイト

| DTMな | 19:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jdarcadia.blog63.fc2.com/tb.php/143-d49c5cff

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。