PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【ギターを打ち込もう的な】第4回:打ち込みでバッキングとかね編

アルペジオ ピッキングハーモニクス
クリケット(( ´ A `;))ミュート
タッピング ブラッシング エコノミー


そんな日本語でおkなアレコレは【Read more】から^^


てなわけで、なんと4回目!!
誰得邪道打ち込みシリーズも4回目、コレもうやめようかなw

´ω)っ閑話休題

バッキングについてです
今までの記事を見ている人なら「バッキング?」とはならないでしょうが、
読み飛ばしている人の為に説明すると

バック(後ろ)+ing(現在進行形)=後ろっている

後ろっている!!

はい分かりましたねー、読み飛ばしている人にも優しいブログですねー

で、

一見さんの為に一応補足しておきますがw
オケ中のギターパートでソロ以外の演奏部分を指します
あまりギターパート以外にこの呼称を用いているのを見た事は無いですね
鍵盤でも言うかなぁ、少なくとも「バッキングドラム」は聞いた事ないですw

では、バッキングギターにおける定番フレーズなどをLet'sニャー(古



ロックギターのバッキングと言えばパワーコード、困った時はこれ
コードのルート音+5度上の2和音(場合によっては+ルート音のオクターブ上)
※コードがC(ド)の場合は1度:ド→2度:レ→3度:ミ→4度:ファ→5度:[ソ]
となり、ルート音である[ド]+ルート音に対する5度音である[ソ]がパワーコード
と呼ばれるカタチになりますな

とは言ったものの、コードっていうのはそんな単純なものでも無いのでw
取り敢えずパワーコードのカタチを作って、違和感を感じたら5度から動かし
しっくり来る音を耳で探してくださいな^^
運指やフォームを気にせずそれが出来るのも打ち込みの強みです´∀)


さて、では実際パワーコードを使ってどんなフレーズを書けばいいの?
となると思いますので、実際に聴いてみまショー


blog用ギターフレーズ
ざっくりこんな感じー

基本はパワーコードを押さえて、要所要所で5度音を抜いてルート音だけを
弾く、これがパワーコードバッキングの基本ですな´∀)
1~2小節と4小節前半はまさにそんな感じですねw
また、このフレーズの様に1・2小節のコードが同じ場合、途中からルート音
のオクターブ上を足す事で変化を持たせる事もできますね

3小節目は単音構成ですが、これもある意味パワーコードかなw
コード構成音を単音で弾きながらも、必ずルート音に戻ってますが、やはり
常套フレーズなので、パクリでは無く古典、どんどん使いましょうw

※単音を弾く時にはミュートと呼ばれる奏法が用いられる事が多いです
 アタックが丸っこい歯切れの良い音が特徴で、今回は音源側で鳴らして
 ますが、汎用音源でやる場合はノートの長さを3~5割程度短くしたり、
 オクターブを下げる事で表現するのが常套手段ですね´∀)



【豆的な】
ちょっと息抜きでの豆知識ですが、ギターに触れた事の無い打ち込みギタリストに
気を付けて欲しいのがギターの最低音・最高音
ギターで最も低い音は一番太い6弦をどこも押さえずに鳴らした音でE(ミ)です
※ここでは7弦ギターやドロップチューニングはスルーしますw

つまり逆に最も高い音は一番細い1弦の最大フレット音なんですが、フレット数
というのは存外多種多用なのが困りものw
打ち込みギタリストとしては使う音源が何フレット対応の製品なのかを理解
しつつ、こう覚えてはいかがでしょう?

◆6弦と1弦は2オクターブ関係にあります
 ・6弦開放=E2(ミ)
 ・1弦開放=E4
 ・1弦12フレット=E5
 ・1弦24フレット=E6

※音源によっては最低音がE1な可能性もあるのでご注意

ちなみに、実際のギターだと
・アコースティックギターが20フレット、エレキのレスポールタイプが22フレット
 ストラトタイプが24フレットってのが一般的な気がします

MSGSやモデリングタイプのギター音源ならば何も気にせず打ち込めますが、
ギター専用音源となるとそうは行かない事が殆どです
音が鳴らないだけなら良いですが、発音可能外音域には演奏切り替えのキー
スイッチが存在しているので、意図しない演奏になってしまわないよう、頭の
片隅にでも置いておきまショー´A)w




さて、では続きをば^^


Deathsickleフレーズ

さっきの爽やか系とはうって変わってメタル寄りのハードな楽曲ですね
1~4小節間はややこしそうに聴こえますが、3・3・3・3・2・2のリズムで頭以外は
ルート音に戻っているだけなので、実は単純&簡単だったりしますw
この3・3・3・3・2・2や3・3・2・3・3・2のリズムはお手軽にリズムの変化を付けられ、
複雑に聴こえて実は弾きやすいので非常に良く使われますw

※さっきもそうですが、なぜこの単音フレーズがパワーコードの回で出てくるかと
 言うと、この手のフレーズはパワーコードを押さえた状態から腕を動かさずに
 運指だけで弾く事が出来るので、一応延長線上として捉えてますw

5~8小節間はまさしくパワーコードオブパワーコード!!
というかパワーコードしかやってへんっていうねw
こういう勢いで押し切る!みたいなのが本来のパワーコードの持ち味だと思われ

ただ、画像で見ると分かると思いますが、同じ8分音符分でも、、、

・8分音符で鳴らしている所
・16分音符+16分休符で鳴らしている所

、、、があると思います

パワーコードというのは通常のコードと違いとても単純な響きをしているので、
ただジャカジャカ弾いただけでは単調になります
弾くリズムや、休符・ミュートなどでいかに動きを付けられるかがキモになって
くると思います、多分w

もちろん、「動き」を他のパートに演出させるのもジャスティスΣd(`・ω・´)

どう鳴らせば一番カコ(・∀・)イイのかは人それぞれなので、是非色々と
試行錯誤してみてくださいな´∀)




そんなこんなー


久しぶりのギターを打ち込もうの回でしたが、相変わらずギタリストからは
怒られそうな感じが良いですなw

次回もしあるのなら、、、どうしよう?w

なんかコレやれや!!ってのがあったらリクエスト下さったら嬉しいです^^(手抜き


でわでわ~、、、


ゆ゙っ(ゆ|w|)ノ
スポンサーサイト

| ギターを打ち込もう的な | 00:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

参考になりました。
ありがとうございます☆

| まご | 2013/10/23 22:13 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jdarcadia.blog63.fc2.com/tb.php/141-7e4b835e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。