PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

The'素人的プリマスタリング的アレコレ


・・・どれ?(`・ω・´;)



そんな知らんがな(´・ω・`)な続きは【Read more】から^^


・マスタリングとは?
本来のマスタリングは納品されたマスターを元にCDプレス工場でスタンパーと
呼ばれる原盤を作る事を指します

・プリマスタリングとは?
2MIXから音質・音圧調整、曲間調整、データ打ち込みを行いマスターデータを
納品する所までの一連の工程を指します

なので単曲に対して音質・音圧調整を行う作業は実はマスタリングでも何でも
ない
ってのがホントのとこw

でも、(狭く)一般的には音質・音圧調整の事をマスタリングと呼称しますので、
それで良いと思います
ちなみに俺は、心の師匠葛巻善朗氏に倣って、プリマスタリングと呼称させて
貰ってますw


さてさて、前置きが長くなりましたが、素人ながらにプリマスタリングの魅力に
取り憑かれて依頼を受けたりしてる俺ですが、では、何をやっているのか?
ってのをサクっと説明したいと思います´∀)




◆まず2MIXをSound Engine freeに放り込み2MIXの状態(音質・音圧の状態)を
聴覚的・視覚的に確認します
・Sound Engine freeは起動の速さ・挙動の軽さ・視認性の良さでオンリーワンな
アプリケーションですねw
2MIX.jpg
※こんな感じで全体像を納めて、曲全体のダイナミクスとかピークレベルとかを
眺めながら一曲通して聴きます
この時に大まかなイコライジングやコンプ処理等の方向性は決まります^^

◆次にマスタリングアプリケーションのWaveLab Studio6/steinbergに2MIXを
取り込みます


1:最下段にWLS6/Peak Master(Limiter)を挿してクリッピングを防ぎます
PM.jpg
※Outの値は最小値


2:最上段にT-Racks 3/Classic Comp(アナログコンプシミュレーター)を挿して
2MIXのピークを抑えつつ色を加えます
※各パラメーターの値はソースに因って異なりますが、アタック・リリース速め、
レシオ緩めだと割と自然な感じに掛かる気がします´∀)
CC.jpg


3:下から三段目にT-Racks 3/Classic Clipper(アナログサチュレーター)を挿し
この段階でやり過ぎかな?って思う位に音圧を持ち上げます
CC2.jpg
※経験的にやや過剰に持ち上げてからの引き算方式で音質調整をしていった
方が作業の効率性が良いんですw

HS.jpg
※ちなみに「やりすぎ」と言っても元データ(上段)に対して下段程度の持ち上げ
方です、海苔にしろという意味ではないですw


4:上から二段目にT-Racks 3/ Lin_Phase EQ(リニアフェーズEQ)をさして音質
の調整をして行きます
LPEQ.jpg
※ここでも各帯域を持ち上げて「飽和気味の音質」を作って行きます
ソースが俺の適当MIXしたデモ版なのでアレですが、実際はここまで過激に
持ち上げる事はないですw


5:上から三段目にWLS6/MultiBand Complessorを挿して飽和気味な帯域を
抑えて行きます
MBC1.jpg
※ここでは不要な超低域(50Hz以下)、キックとベースがぶつかる100Hz付近、
出すぎた8kHz以上の高域を抑える事が多いです


6:下から二段目に二本目のMultiBand Compressorを挿して、更に微調整を
して行きます
MBC2.jpg
※ここではクリッパーで持ち上がってくる低域~中低域の補正をする事が多い
です^^
主にベース/ギター/Voがぶつかる200Hz付近や、団子になりがちな500Hz付近
を抑えるか、680/1kHz/3kHz辺りのピークを稼ぎがちな帯域を抑えます


7:んで、ここまでの補正で余裕が出来た分Classic Clipperで更に音圧を持ち
上げる→Classic Compで抑える→EQ/MBCで微調整って手順をひたすら繰り
返して徐々に音圧を上げて行きます´∀)


因みに作業中のイメージはこんな感じ
WLS6.jpg
デュアルディスプレイなので、左でプラグインを出し入れしながら調整を行いつつ、
右でメーター類をモニタリングしてます^^
貧弱なモニタリング環境と耳なので、要所要所で視覚確認はするようしてますw


◆プリマスタリングを完了させてファイルを書き出したら、再度Sound Engine free
に取り込んで波形を確認します^^
ここで、波形的に余裕があるのに飽和感があったら膨らみすぎている帯域がある
という事なので、再度プリマスタリングに戻って調整をします
逆に音圧感の割に波形に余裕がある場合も再度プリマスタリングに戻って常識の
範囲内で音圧を上げて行きます^^

【プリマスタbefore&after】
BA.jpg
2MIXの時点でちょい持ち上げてるのと、off'Vo版なので違いが分かりにくいなw


因みに俺のプリマスタリングは余程の事が無い限りは海苔波形にはしません´∀)
作業してて不快なんですよ、アレ´A)
人様の為に自分の耳を痛めつけるなんてイカれた事はのーせんきゅぅ(`・ω・´)w





そんなこんな~´∀)ノ


今回の手順は俺的オーソドックスなものだけど、必要によってはマスターリバーブ
でVoとオケを馴染ませたり、ステレオエンハンサーで音像を広げたり、プリマスタ
の段階でブレイクを作ったり、ヒスノイズを消したり等々、色々やってます^^

全ての音が1つの枠に収まった状態で行うプリマスタリングには、ミキシングでは
体感出来ない音の変化があります
コンマ以下dbに賭ける世界、ニッチなものに魅せられたもんです(ノ∀`)w

経験を重ねる度に見えてくる、それが面白い(`・ω・´)
プリマスタリングのご依頼はお気軽に^^
あくまで趣味としてスキルを極めて行きたいので、お金が絡むようなかたっくるしい
依頼は現状全てお断りさせていただいてますぅ(´3`)

見知らぬ人様のプロ思考になんて付き合う余裕ないのよw


んでわでわ~、、、



ゆ゙っ(ゆ|w|)ノ
スポンサーサイト

| DTMな | 22:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jdarcadia.blog63.fc2.com/tb.php/117-1b0f6ef8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。